社会保険料の引き上げスケジュール

現在、高い高いと言われている社会保険料ですが、今後も保険料の値上がりは決定的となっています。
厚生年金については保険料率の引上げスケジュールも決まっています。
平成16年から平成29年まで、毎年0.354%ずつ引き上げられ、平成29年9月以後は18.3%に固定されます。
国民年金保険料についても毎年280円ずつ引き上げられ、平成29年9月以後は16,900円に固定されます。
(http://www.mhlw.go.jp/topics/2004/03/dl/tp0315-2b.pdf)
【年金保険料の引上げスケジュール】


健康保険に関してですが、中小企業労働者加入の協会けんぽの保険料は2010年から値上がりが続いており(2009年:8.2%、2010年:9.34%、2011年:9.50%、2012年:10.00%)、おそらく今後も値上げが続くと思われます。
まあ、おそらく厚生年金と健康保険で給料の30%以上を取られる時代が遠からずやってくるでしょう。これに加え、給料も減少傾向が続いていており、消費税も値上げが決定的です。国民の生活は苦しくなるばかりです。
こんな状況で、もし、社会保険の制度が無くなってべらぼうな保険料の支払いがなくなったら、困る人より喜ぶ人の方が多いと思うのは私だけでしょうか?


このページの先頭へ