生活保護など不要!

貧乏人ほど得をする変な社会ですが、生活保護はその最たる存在です。
私の親戚にも生活保護を30年近く貰っている人がいます。不正受給とかではなくてアル中で働けないそうです。
毎日することがないのでフラフラしています。たまにパチンコやったり競艇に行ったりしてます。
最近病気がちですが、医療費は無料。
親戚からはホームレスの人のほうがよっぽど立派と言われていますが、本人はホームレスになる勇気はないようです。
彼の生活はすべて税金によって賄われています。納税者として本当に虫唾が走ります。
一方で、若者を中心に、フルタイムで働いても生活がぎりぎりのワーキングプアの人も増えています。
道理から言って、政府は生活保護費を削って、真面目に働いているけど報われないワーキングプアの人を援助するのが筋だと思います。

私はホームレスの人はある意味偉いと思います。彼らは好きでやってるわけではなく、色々事情があるのでしょうが、国に頼らず自分で行きていこうとする姿勢は立派です。
そして、ホームレス生活はつらいとも意外に楽とも、様々に言われていますが、ホームレスでも飢えて死ぬことはほとんどありません。だから、生活費が無くなったら皆ホームレスになればいいと思います。ホームレスでも生きていけるなら生活保護の制度なんか必要ありません。
誰か生活保護反対!って主張する政治家はおらんかな?世間からは袋叩きに遭うでしょうが、私は一票入れます!


このページの先頭へ