社会保険が無くなったらどうするの?

このサイトでは社会保険なんかないほうがいい、と主張していますが、もし、社会保険が無くなったら、について考えています。
個人的にはまず、毎月6万円以上の支払いがなくなってかなり喜びます(笑)。
しかし、病気は怖いので民間の医療保険に入ると思います。
老後に関しては、自営業なので基本的に生涯現役で働くつもりなので、それほど心配していません。ただし、老後のためだけではありませんが、万一の時のために貯金はしておくつもりです。毎月6万円以上も余裕が出来たら貯金なんか楽勝です。
自分で保険に入るとか貯金するとか、今ではごく当たり前の行動です。わざわざ国に代行してもらわなくても結構です。
以上は私の考えですが、他には子供をたくさん作るとか、信頼出来る友人のネットワークを築くとかも、いざという時の保険になります。
とはいえ、思い通りに行かないのも人生です。
働けなくなり、貯金もなくなり、助けてくれる人もいない、そういう状況だって考えられます。しかし、私はホームレスになる覚悟があります。もちろん進んでそうなりたいわけではありませんが、自分のせいでそうなったなら仕方ありません。
しかし、実際のところ、社会保険がなくなると住みづらい世の中になるでしょう。おそらく犯罪発生率が激増するはずです。世の中にはゴミから食料を漁るより、他人から金品を奪うことを優先する輩も多いはずです。また、惨めな老後を自分の失敗ではなく社会のせいにして、やけになって通り魔的犯罪を起こすバカも増えるでしょう。
結局のところ、社会にはそういった困った人達がいるために社会保険は必要と言わざるをえないのかもしれません。つまり、自分で自分の責任を取る覚悟のない人のために社会保険は必要、ということになります。
アホらし。


このページの先頭へ