社会保険に加入する方法

会社の従業員(正社員や条件を満たしたパートなど)であれば社会保険加入の手続きは会社が行います。いくつか書類を書く必要はありますが、それ以外は会社がやってくれます。
会社の社長、あるいは社会保険担当者は日本年金機構(年金事務所)、あるいは加入している健康保険組合に書類を持って行って厚生年金と健康保険加入の手続きをします。
私も会社を設立した数日後に、日本年金機構(年金事務所)に行って手続きをしてきました。大体20分ぐらいで手続きが完了しました。ところで日本年金機構はあの悪評高い社会保険庁の後継組織です。どんなにひどいところなのだろうと期待していましたが、担当の人は愛想も良くイイ感じだったのが意外でした。
また、雇用保険に関してはハローワーク、労災保険に関しては労働基準監督署に届出ます。これも会社がやってくれます。

会社員だった人が会社を辞めて無職や自営業になった場合、厚生年金と会社の健康保険を脱退して国民年金と市町村の健康保険に加入しなくてはなりません。
その場合は、自分で書類を持って行って市町村の役場で加入手続きを行います。私もやったことはありますが、大して難しくありませんでした。

また、アルバイトやパート従業員ですが、正社員の3/4以上の労働時間があれば、厚生年金と健康保険に加入する義務があります。義務ですが保険料の支払いが会社・従業員双方に負担になるため嫌がられる場合もあります。


コメントを残す

このページの先頭へ